弘前市水道局情報

災害への備えについて

日本は地震が多発する国であり、地震以外でも風水害などをはじめとする天災
はどの地域に住んでいてもいつ発生するかわからないものであり、天災に対しては
常日頃から高い意識を持つことが求められます。特に水道やガスなどのライフライ
ンは天災による被害を受けると市民の皆様の生活に大きな影響を与えることにな
るため、災害への備えが必要になります。

 

弘前市水道局では緊急時の供えの最優先課題として飲料水を確保することを
挙げています。弘前市水道局が取り組んでいる対策として災害に強い水道施
設づくりが挙げられます。まずは水道事業の最も重要な基幹施設である浄水場
や配水場の耐震化をすすめるため、施設のうち現行の耐震基準を満たさないも
のは耐震診断を行い、順次補強や改築、更新などを進めております。

 

また各家庭へと水道水を届ける水道管は地震などで地盤が変形することで被
害を受けやすい施設です。地震に弱い素材を使用した水道管を耐震型のダクタ
イル鋳鉄管に更新し、引き続き老朽管の更新、さらに主要管路の耐震化を推
進しております。

 

そしていつ起こるかわからない天災などに備えて、災害時の迅速な行動を行うため
に危機管理マニュアルを策定し、訓練を実施することでマニュアルの定着化を図っています。
さらに災害によって大規模な断水が発生した際には、応急給水を行うために臨
時に給水所を設けます。実際に断水などの状況に陥った際には、どこに給水所
を設けるかに関する情報は広報車、テレビ、ラジオなどでお知らせしますが、
詳細が不明なときには直接弘前市水道局へお問い合わせください。

 

断水などの状況に陥ったときに応急給水や応急復旧に備え、弘前市水道局
では給水タンク車2台、車載用給水タンク、給水容器、給水袋、ペットボトル飲
料水などの応急給水に加え応急復旧のための各種管路復旧資材を貯蔵しております。
そして、弘前市単独での対応が不可能な際には他事業や関係団体からの応援を
受けることが出来るよう関係団体との災害時相互応援協定を締結しております。
そして万一に備えて各家庭でも飲料水やポリタンクなどを準備することを心がけ
るようご協力をお願いします。